diamond bullet

ど新規NEWSファンがいたづらに書き連ねるブログ

いずれを菖蒲か杜若

アルバム『NEVERLAND』の内容がわかってきましたね。早くこの装丁を手にとりたい!初回盤は紙ケースかな。蓋付きの箱だったらすごーく好みだなあ。宝箱みたいに開くの。鍵穴のイラストのついた箱なのに鍵は中に入っていて(笑)、CDとDVDとブックレットっていう宝物が入ってる感じだったら最高♪

 

シゲのソロ曲のタイトルが『あやめ』ってことで、どんな曲かすごく楽しみ。

バラでもチューリップでもなくあやめ。和風な感じ??『アイリス』でもないわけだし。あやめ?

まず浮かんだのがこれだったんだけど 

www.nezu-muse.or.jp

 

「燕子花図」。美術の教科書に載ってる国宝の屏風。でもこれ、菖蒲(あやめ)じゃなくて杜若(かきつばた)なんだよね(苦笑)

ちょっと調べたらあやめ(文目)と菖蒲(しょうぶ)と杜若はそれぞれ別の植物らしくてなんだかややこしい。ちなみに今回の記事タイトルは「どちらもすばらしく優劣がつけがたいこと、また二つのものが似ていて区別がつきにくいさま」を表す言葉。語呂がいいので使ってみた(笑)*1

 

「ほととぎす鳴くや五月のあやめ草あやめも知らぬ恋もするかな」

これは古今和歌集に収められている和歌。この歌、上の句はまるまる「あやめ」にかかる序詞で

「綾織物の目(=綾目・文目)のような筋道たった道理もわからなくなるような恋をしてしまった」みたいな意味。(意訳です)

あやめで思いつく和歌がこれだったので挙げてみる。まさか和歌がモチーフになっていたらびっくりするけど。

 

シゲが先月号のMyojoの中で「みんなもっと日本の文化を知っておいていいと思う」って話してたから、めっちゃ和な方向に振ってみました(笑)ていうかただの私の趣味♪なんだか「あやめ」っていうと私は和風なイメージしか出てこないみたい。

 

ほかの方が書いてるみたいに花言葉かなあ。もしくはアイリス~ギリシャ神話方面?

それとももっと素直にあやめの咲く季節の思い出とかだろうか。5月~6月くらいのさわやかな歌とかかなあ。

 

答えがわかるのは3月22日。日付が変わったからもう3月ですね。素敵なアルバムと楽しいツアーを指折り数えて待っています♪♪ 

 

 

私のデートはエコパに決まりました。県内だけど行ったことないよエコパ。「みどりの日だ~」って一瞬思ったのですが、最近は昭和の日って名前に変わってましたね。(5月4日が現在のみどりの日)一度きりの逢瀬なので、気合入れていきます。

 

ワンピ新調しようかな、でも春夏物のワンピースって何枚も持ってるなあと考えていたら、母から「ライブってずっと腕を上げてたりとかすごく動くんじゃないの?ワンピース(≒おしゃれな服)で行くの?」と不思議そうな顔をされ「だってデートだから!」と言いそうになるのを咄嗟に抑えました。ドレスコードはデート仕様でいいんだよね??

4月末の静岡は例年けっこう暑いです。40デニールの黒ストッキング+パンプスか素足にサンダル、どっちになるかなあ。ていうか黒のストッキングなんてふだん履かないぞー。

 

*1:出典は「太平記」。いちおうもとになったエピソードは恋の話っぽくなくはないけど、いくらなんでも渋すぎる