読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

diamond bullet

ど新規NEWSファンがいたづらに書き連ねるブログ

「NEWS LIVE TOUR 2016 QUARTETTO」のまとまりのない感想

ツアー参戦してない私が、DVD「NEWS LIVE TOUR 2016 QUARTETTO」の感想を書いてみる。

ツアー期間中にファンになった私はこのツアーを体感していない。いろんな方の上げていた感想レポとファイナル後の雑誌の記事で概要を知るのみ。ようやく見られるこのDVDの発売、本当にうれしい。クリスマスプレゼントをありがとう!

 

東京ドーム公演→ドキュメンタリー→広島公演の順で見てます。

ほかの方も書いているけれど、通常盤の特典映像のドキュメンタリーがとても素晴らしかったのでその感想を書こうと思います。

 

ドキュメンタリーはシゲ、コヤ、マス、テゴの順で視聴。シゲのパートを見て思ったのが「NHKの『SONGS』みたい」ってこと。これだけで30分番組として成立するんじゃないかな~と思ったり。これ深夜に流したらファン増えそう。いや、ファンだけが見られる顔っていうところで特典映像だからいいんだけど。でも例えば、年末年始の深夜にぼけ~っとかけっぱなしになっているテレビからこのVTRが流れてきたら、そのまま見入っちゃわない?1人ずつ一日30分で、5日目にライブのダイジェストが放送されるとかだったら、そのまま5日間見続けてファンになりそう。

 

今まで漠然と、ライブに行くならドームかなと思っていたけど、アリーナに行きたい!って思った。ライブに行ったことが無いので会場のことって全く想像がつかなくて、なんとなくドームがいいと思っていたのだけど、アリーナってこんなに近いんだ!ってわかったから。そういう意味でも広島公演の映像を見られてよかった。どんな席でも、手越さんがそこで聞こえる音を確かめてくれているんだって思えたから、知らない場所でも一人でも、大丈夫って思って行ける気がする。

 

すごいなって思ったのが、スタッフとの関わり方、あいさつ。機会ごとに必ず「よろしくお願いします」と深く頭を下げている。当たり前かもしれないけど、世の中それが当たり前に出来る人ばかりじゃない。少プレの軽井沢の回で食材を大量に買い込んだシゲが「スタッフの分も作ろう」って言っていたけど、今回改めて、私たちの目に映らない、NEWSを支える人たちのことを大切にしているのが見えて、NEWSのことがもっともっと好きになった。

 

ちょうど先日、数年前のテゴマスのラジオをたまたま聞いたところで。よく雑誌で裏話を教えてって言われるけど、裏側なんて絶対言えないよって話をしていた。彼らには「ライブがすべて、結果がすべて、お客さんの目に見えたものがすべて」って意識が強くあると思う。ツアー初日の真駒内の本番前に手越さんが「心配なところはたくさんある。でもお客さんには関係ないから、来てくれた人に楽しんでもらえるように」と話していたように。そんな彼らが見せてくれた裏側の顔。見せてくれてありがとう。

 

正直なところ、以前はアイドルってある程度パッケージ化されているというか、出来上がっている企画に乗っかっているものというイメージがあった。

けれどNEWSは本当の本当にセルフプロデュースなのだと思い知った。それぞれが得意な分野を受け持って、4人でひとつの世界を創りあげる。この映像では本当に仕事をする男の背中を見せてもらったと思う。

増田さんの『夢』は、衣装や構成、演出やセットで具現化され、シゲが視覚化する映像。増田さんのイメージする景色をシゲが言語化して共有しているという感じの話もどこかで読んだことがある。

そして手越さんがリードし、時にはガイドボーカルさえしているという歌。それを聞く環境もまた、手越さんが万全のチェックをしてくれている。

そのステージと「私」をつないでくれるのが小山さん。NEWSの世界に引き込んでくれる。『平日キャスター週末アイドル』の日常と非日常を自在に行き来する小山さんがナビゲートしてくれるから、きっと私はあっという間にNEWSの創りだした夢の世界に入り込むことができるだろう。

 

ドーム、アリーナ、ドキュメンタリー、そしてさまざまな雑誌で見た彼らのライブへの想い、すべてを通して『NEWSのライブ』というものが立体的に立ち上がってみえた。

次のライブでNEWSの世界に立ち会えることを楽しみにしている。4人の王子さまたちはプロの魂を持つ仕事人たちでもあり。お城をつくり、劇場をつくり。次はどんな世界を見せてくれるのだろう。

 

このドキュメンタリー、初回盤の特典にする内容だろうと思うのだけど、通常盤だからこそ、これから先の未来にNEWSを好きになる人も、いつのタイミングでも見ることができる。*1すごくいいことだと思う。この映像を見た人はきっとみんなNEWSのことが好きになると思うから、たくさんの人に見てほしい。

 

 いま出ている雑誌「月刊テレビナビ」の中でシゲは、「(24時間テレビを経験して)すごく自信がついた。もう自分なんて…みたいな卑下をしなくていいかなって」と話している(要約)。このドキュメンタリーのシゲのパート、ラスト近くのシゲの顔が印象的だ。今回のツアーが24時間テレビより前の時期なのはわかっているが、この時すでに、自分に自信のある、いい顔をしているなと思う。人の顔は、こんなにも変わるものかと思う。

ライブを追いかけ続けるのだという加藤さんに、来年はぜひ現場で逢いたいなと思う。

 

 

*1:美恋魂の再始動の軌跡は初回盤収録なので、ど新規後追い組の私は見れてないのです