読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

diamond bullet

ど新規NEWSファンがいたづらに書き連ねるブログ

シゲのヒゲ&FC入会の振り込みしてきた

シゲのヒゲ。シゲのヒゲ。シゲのヒゲ。シゲのヒゲ。シゲのヒゲ。シゲのヒゲ。シゲのヒゲ。シゲのヒゲ。シゲのヒゲ。シゲのヒゲ。シゲのヒゲ。シゲのヒゲ。シゲのヒゲ。

ゲシュタルト崩壊した?

 

今日はFC入会の手続きをしたってだけで自分の中ではものすご~く大きな出来事だったはずなのだけど、シゲのヒゲで全部ふっとんだね。

週刊TVガイドでNEWSが24時間テレビに向けて短期連載をしていて。番組内で放送するドラマの紹介カットに、ヒゲのシゲが!となりのページに載ってるふだんのシゲの顔と比較しながら何度でも見ちゃうよ。シゲってやっぱり美形なんだなって改めて思わされる。

テレビ誌は原則買わない自分ルールだけど、今回は速攻レジ行きでした。

 

 

 

 

 

以下は自分語りです。

FCに入るかどうか、これはずっとためらっていた。「そこまでするの?自分」って。

私は特定の何かにハマったことがほとんどない。何か特定のものに傾倒するのは怖いとずっと思ってきた。感情を揺さぶられるようなことは極力避けて生きてきた節がある。

そして新しいことに手を出すのを極端に怖がる。怖いから近づかない、回避する。それに触れなくても生きられる選択をする。要は私は精神的に引きこもりなのだ。そんな私にとって、アイドルのファンクラブに入会したというのはちょっとした一大事なのだ。

 でもね、シゲのヒゲひとつでふっとぶ程度の一大事なんだ。

今まで自分の人生にはありえないと思っていたこと、ハードルが一個づつ下がっていく、そんな気がする。

もうアラサーなんて言ってごまかせない、30代半ばである。こんなブログやってる場合か、婚活しろよと脳内の誰かが言ってる。知ったことか。どうせ結婚できるなんて思ってないくせに。(そして、そうなる未来を積極的に求めて行動していないのだから、おそらく私は結婚できないだろうな)

もう、何かを我慢して生きるのは嫌だと思った。好きなものを好きだと言って生きていたいと思った。

人生はつらいもので、我慢するものだと思って生きてきた。楽しむものだって、楽しんでいいんだって気づいたのは今年のはじめ。

友達もいない。恋人もいない。会社と家との往復で終わる毎日。結構詰んでる人生だ。この先が明るくないことは薄々わかってる。今少しくらい楽しんだっていいだろう。

なにが言いたいかって?子ども~少女時代に何も免疫つけてこなくて大人になってからハマると度合がやばいよねって話。

 

 美恋魂DVDを昨日一日かけて最後まで見て。「今日の私は今後の人生からみたら一番若い。今日が一番若い」ってつぶやいて郵便局に行ってきた。

 

さて、次はどんな扉が開くんだろう。振り込みはATMでできるからなんとかなったけど、ジャニショデビューは敷居が高いな。だって私、メイン層のほぼ倍の年齢だと思うし…。アイドル誌を買い始めたころにもそう思っていたから、そのうち飛び越えちゃうのかもしれないけど。我ながらこの先の予想がつかない。

とりあえず、会員証とか会報とか郵便の誤配されたらイヤだな~。となりの家、同じ名字なんだよね…。