読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

diamond bullet

ど新規NEWSファンがいたづらに書き連ねるブログ

にわかだけど好きでいさせて

私がNEWSにハマったのは、LIVE TOUR 2015 WHITEのDVDを見て。
細かくいうと「バタフライ」で堕ちた。

WHITEを手に取った理由は、そのときとにかく落ち込んでいて元気をくれるものがほしかったから。

その時点で私はNEWSのことをほとんど知らなかった。
知っている曲はチャンカパーナとweeeekとNEWSニッポンだけ。
そう、NEWSニッポンは2015年~2016年のカウントダウンライブで嵐が歌っていて、いい曲なんだな~と思って、それから某動画サイトでNEWSの動画を探すようになった。
そこがスタート。

だから、昔はもっと人数いたけど今は4人なことは知っていたけれど、テゴマスは歌がうまくてシゲは小説書いてる人で小山さんはキャスターやってるらしい、くらいしか知識はなかった。

WHITEを見始めての第一印象は「この人たち、アーティストだ!」だった。
私には『アイドル』と『アーティスト』を区別する明確な定義はないけれど。
完成されたエンターテイメントに魅せられた、というのだろうか。


「 MR.WHITE」「ONE -for the win-」とかっこよく、歌うまい!と思わせる曲で始まり、続いて「恋のABO」「NYARO」とコミカルで4人のイキイキとした表情が見られる曲目が続く。
MCで4人のキャラクターもなんとなくわかり、「weeeek」で会場中がさらに盛り上がる。
「恋祭り」を聞いて、なんでこの曲は一般的な夏の定番ソングになっていないんだろう?と思った。今すぐCMソングに使われててもおかしくないのに。
「蝉時雨」「祭り囃子」「月の陰」 「水面に揺れる」と、つかわれている言葉の美しさにも驚いた。
こんなに雰囲気のある曲をジャニーズが歌っているなんて知らなかった。

そして「バタフライ」。歌いだしの目を伏せたシゲ、「大丈夫、おやすみ」というフレーズが心に響くまっすー、「ひとつ ふたつ 数えたのは あなたへの想い」と歌い上げる慶ちゃん。「僕らは巡り逢えた」という部分で観客と自分とを交互にさす手越さん。
ここで本当に、私はNEWSを好きになったのだった。


こんな私なので、「フルスイング」が4人の決意の曲だとは知らなかったし、「SNOW EXPRESS」が6人時代の曲なことも知らなかった。

ただ、この人たちの歌う応援ソングはすごく力強いな、心の底から励まされている気がするなと思ったし、4人の声が好きだと思ったし、4人の声が作り出すハーモニーがすごく気持ちいいと思った。


そこからアルバム「QUARTETTO」「White」をすぐに買った。
続けて「10th Anniversary」のDVDを買い、「Greedier」と「HIGHER GROUND」を聞きたくて「NEWS」を買った。
そんな感じで私のNEWSにハマる日々は始まったのだ。

 

露出の増えた時期にハマったど新規だ。
NEWSの歴史とか痛みとか、そういうものをきちんとつかめてはいないと思う。
今は毎日のメディアの動きに日々キャーキャーしているだけのただのミーハーだ。

でも、好きなものは好きなので、世界のすみっこから見ていたいなあと思うのだ。