読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

diamond bullet

ど新規NEWSファンがいたづらに書き連ねるブログ

こんなにごまかしのきかないことをするなんて…って思った

『恋を知らない君へ』ようやく手元に届きました。
初回スペシャルパッケージと、朗読視聴ID付きの初回盤。
アマゾンで予約したら発売日に届かないってのを初体験しました…。

 

スペシャルブックレットのシゲの振り向いた顔が超かっこいい!私的に今回の一等賞。

MVは四人のさみしそうな顔を見て「笑って 笑って」って祈ってしまった。

ラスト、四人が笑ったから ああ、恋人が戻ってきてくれたんだね、よかったねって勝手に思った。(歌詞から考えてそんな訳ないのに)

メイキングを見て、あの笑顔の意味はまだわからないから考える。

手の美しさも鑑賞しなくては。

 

高校生役の男女の演技にも見入ってしまった。女の子のほうがちょっと強くて振り回す感じ、あの年頃特有って感じで甘酸っぱい。
きつねのちゅぅの雰囲気が好き。
きらきらした、もう二度と手に入らない時間なのが伝わってきた。

それをみつめる四人の表情は、あと何回かにわけてじっくり見ようと思う。

 

 

朗読の感想
まっすーイケボ!歌うときの甘い声とは違う男っぽい、ちょっとぶっきらぼうな感じ、深みのある声、素敵。

NHKとかの紀行物とか世界遺産とかの番組のナレーションやってほしいな~って思った。

シゲはストーリーテラー、さすが!これから物語が始まっていく予感がする。

手越さんは、もう映画始まっちゃってる。主人公てごにゃん走り出してる感じする。

小山さんは予想外だった。こんなに冷静なトーンだとは思わなかった。

手越さんが感情走ってる感じで、シゲが情感たっぷりな語りだから、小山さんの落ち着いたトーンが引き締めてるって思った。

声だけで勝負しちゃうところがすごいなって思った。ファン向けの期間限定企画とはいえ、声だけで聴かせるって勇気のいることだと思う。

歌詞の朗読??って思ってたんだけど、何か懸けているように感じた。

 

歌も、朗読も、なんて生身で向き合おうとする人たちなんだろうって思う。

嘘をつけない、つかない。裸で、自分たちの持っているものだけで戦おうとしている。

アイドル=偶像とは真逆の立ち位置なんじゃないかなと少し思う。


泣くのも、笑うのも、全部包み隠さずに見せてくれるNEWSだから、こんなにも大勢の人をひきつけるのかな。

 


さて、次は笑ってるNEWSが見たいです!
とりあえずご褒美旅行のDVD見てきま~す